丸の内

0
    marunouchi_040[1].jpg

    ショーウィンドーは撮っていて楽しいです。

    ニューカメラ2

    0
      desk002[1].jpg

      秋、はじまりました

      0
        DSCN0143.jpg


        9月最後の週末、両国国技館に大相撲九月場所を観にいってきました。

        最近、スナップを撮ってなかったので、午前中に銀座、浅草と散歩も
        楽しみました。

        今回は気になっていた地下街を目的に散歩しましたが、銀座シネパトス
        が入っているビルは再開発の都合だと思いますが、お店がほぼ退居し
        た跡でした。お店がつらなっていた頃の三原橋地下街を訪れてみたいと
        少し残念な気持ちになりました。

        一方、浅草の地下街(銀座線改札を出てすぐ)は今も数十件のお店が
        営業しており、ここが改札のすぐ隣りということを忘れさせるほど、
        独特で引き込まれる雰囲気を発しています。

        再開発や高層ビルによる土地の高度有効利用は、場所によっては当然
        必要なことだと思います。一方で、横町・裏路地や地下商店街といった
        昔の面影を感じさせ、しかも等身大のスケールの場所というのも必要
        不可欠です。

        もともと、東京では戦争により焼け野原になった後、なし崩し的に街が
        あちこちでできていったため、本来はオフィス街やビル等が向く土地に
        も商店街や横町が存在したのです。

        それらが無くなることはもちろん寂しい事ですが、住み分けるという
        ことで割り切るしかないと思います。

        ですので、どこに住んでいるのかということが、その人の感覚を表して
        ると僕は思います。

        個人的にビルのような高層マンションが林立する湾岸エリアに、僕は
        住めません。



        DSCN0151.jpg


        DSCN0156.jpg


        DSCN0161.jpg



        レンズ

        0
          Image0011.jpg

          写真に関する機材にはお金が掛かります。
          正直、欲しい物が多すぎるため、全部買うわけにはいきません(笑)


          今年、シグマから18-35mm、F1.8のズームレンズが発売されました。
          性能に対して価格が安いことから買いたい所ですが、それを受け止めるボディが
          手持ちではNIKON D90しかありません。
          レンズの自重が重いため、もう少し大きな躯体の機種が欲しいと思いました。

          ただ、欲しい物をあげだしたらきりがないので、今持っているもので写真を
          撮る方に力を注ぎたいなと。
          NIKOMATにautonikkor50mm F2.0を付け、フィルムはvelviaを入れて、
          自分の気に入る写真が撮れれば満足かなと思います。






          フィルムスキャン2

          0




            ポジフィルムを現像に出す時はスリーブで受け取ります。

            ただブログに写真をアップするためにはデータ化しなくてはならないの
            ですが、過去にお店で頼んだところ、36枚撮りで5千円近くかかりました。

            さすがに高いのでスリーブのまま眠らせていましたが、少し前にUSB接続
            できるフィルムスキャナーを借りることができました。

            これは大変便利です。

            借りっぱなしで良いとのことなので、過去のスリーブを持ち出して取り込み
            始めました。



            フィルムスキャン

            0



              ようやくフィルムスキャンができるようになりました。



              0
                写真の色と実際に見た色が違うことはよくあります。
                こんな空のいろじゃなかったとか、もっときれいな景色だったとか。

                デジタルカメラの場合はraw形式で記録しておけば、撮影後でも現像ソフトでイメージに近づけることは容易です。

                フィルムカメラの場合は現像時に多少の調整はできても、映ってるものが全てです。フィルムの種類によって好みの写真となるので、僕はフジのベルビア100を使います。ポジフィルムなのでスリーブを覗くと鮮やかな色が出ていて腕が上がった気になれます。

                実際にプリントするとがっかりするのですが。

                i_2012121218241256.jpg

                i_2012121218241258.jpg

                ショーウィンド

                0
                  最近、夜のショーウィンドを撮影している。

                  写真は、会社から駅までの途中に最近できたワインショップのショーウィンド。
                  季節がらもあると思うが、華やかな色合いなので撮影していて楽しい。

                  上がD90(デジタル)で下がNIKOMAT(ベルビア100)。同じ日に撮影していないので単純に比較できないけれど、やっぱりフィルムの写真の方が好きだ。


                   


                  夜の写真

                  0
                    今回の写真は、NikomatFTNに50mmF2.0とFUJICOLOR100で撮影。画像は、現像時にデータ化をしてもらったもの。全体的に白っちゃけていたので、コントラストだけ調整した。

                    先々週くらいのこと。
                    目黒で打合せが終わった後、渋谷駅行きのバスに乗ったら恵比寿駅経由だったため少し遠くまで連れて行かれてしまった。中目黒まで一駅電車に乗るのもなんだったので、撮影散歩しながら会社に戻った。

                    夜間の撮影はデジタルカメラがめっぽう強い。ISO設定では、大判でプリントしなければかなり高くしてもノイズが目立たないので高感度撮影ができる。夜間モードやホワイトバランスなど他にいくつも設定ができる。

                    一方、FTNで設定できるのは絞りとシャッタースピードのみ。とても単純なので、写らなかったらしょうがないとあきらめている。


                    29960004.jpg

                    29960005.jpg

                    29960006.jpg

                    29960011.jpg

                    29960012.jpg

                    29960019.jpg

                    29960024.jpg

                    スリーブ覗く秋の夜

                    0
                      先日のはなしの続き。

                      ライトボックスにスリーブを並べて専用ルーペでのぞきながらにやにやしてしまった。
                      さて。ここからどのように管理するかが今後の課題だ。



                      2011111602.jpg

                      2011111601.jpg


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      書いた記事数:235 最後に更新した日:2015/09/24

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM